全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2017年) > 第899回/2017年8月1日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第899回/2017年8月1日号 HTML版

<厚労省・医療部会>
医療計画の見直し事項を了承
回復期病床が不足する見通しに疑問の声
<厚労省・地域医療構想に関するWG>
公的医療機関等の改革プラン策定を了承
厚労省は病床機能の定量的データ提示
<中医協・費用対効果評価専門部会>
支払い意思額の調査票に疑問点相次ぐ
調査結果は試行的実施の品目で活用
<中医協・入院医療等分科会>
地域包括ケア病棟の評価を2つに分けることを検討
回復期リハ病棟は手厚い人員配置の評価を検討
<厚労省・医療計画見直し検討会>
約30万人の在宅医療等の追加需要の考え方を整理
一般病床C3未満の取扱いに疑念残る
<中医協・総会>
診療報酬の簡素化やレセプトの見直しを段階的に実施
「現場が回ることを前提に進める」
<厚労省・介護給付費分科会>
訪問看護と他サービスの情報連携にICT導入で一致
特養配置医師の役割・報酬を見直すべきとの声も
<全国介護保険担当課長会議>
2025年のサービス量は介護療養型と介護医療院の合算で推計
介護保険事業計画の基本指針を説明
<第59回全日本病院学会 in 石川>
石川学会のプログラムが確定。9月9・10日に金沢市で開催
指導的な国会議員、官僚、実業人が登壇。同時改定や改革に向けた情報が揃う
<シリーズ 病院事務長が考えるこれからの病院経営[1]>
病院事務長に求められる役割とスキル
<中医協・DPC評価分科会>
効率化、複雑性、カバー率係数の重み付けを変更
激変緩和措置でも一定の方向性
<中医協・薬価専門部会>
原価計算方式のイノベーション評価に慎重意見
支払側は原価のデータを要求
支払基金の改革工程表を発表 可能な業務はコンピュータ処理に置き換え
初の医務技監に鈴木康裕前保険局長 厚労省が幹部人事
<日本専門医機構>
新専門医制度の来年度開始の準備を宣言
10月の専攻医登録目指す
<厚労省・高齢者医薬品適正使用検討会>
高齢者の多剤服用対策ガイドライン作成を開始
中間取りまとめを8月に公表