全日病ニュース

全日病ニュース

総合医へのキャリアチェンジを支援

【続報・全日本病院学会 in 石川】

総合医へのキャリアチェンジを支援

【プライマリ・ケア検討委員会】

 社会の構造的変化と医療保険制度の持続可能性への不安、政府財源不足による財政的支援の不透明さ、そして働き方の改革などによって、医療供給サイドとしての病院は戦後最大の変革を強いられている。全日本病院協会プライマリ・ケア検討委員会ではこれらへの対応の一つとして、全日病総合医育成事業の検討を進めている。なお、日本専門医機構で運営される総合診療専門医が2018年度から1期生の後期研修がスタートすることになっているが、全日病事業で育成する総合医は、方向性としては同じであるが、協会独自のものである。
 今回の学会テーマも「全日本病院協会における総合医へのキャリアチェンジ支援事業について」とし、現在委員会で検討している本事業についての講演となった。
 プライマリ・ケア検討委員会の小川聡子副委員長より「病院が、地域が総合医に求めるもの」と題して最初の講演が行われた。小川副委員長は、高齢者、認知症有病者、独居世帯の増加に伴う病院総合医のニーズの増大を指摘し、循環器専門医から訪問・在宅診療を経て総合医として診療する自身のキャリアを紹介。病院経営者として、地域の求めに応じるために病院総合医の普及の必要性と専門医からのキャリアチェンジへのサポートに言及した。
 座長を務めたプライマリ・ケア検討委員会の牧角寛郎委員長からは、自身の病院の所在地である鹿児島県の状況を基に、地方病院における現実について追加発言があった。認知症や多疾病を有する高齢者が今後増え続けることが予想され、幅広い診療能力を持つ医師が、地方の病院で必要とされる状況を訴えた。
 井上健一郎委員からは、「全日病総合医育成プログラム」について、概要が説明された。すでに一定のキャリアを持つ医師を主な対象とし、病院に勤務しながら総合医としてのスキル・マインドを学び、キャリアアップを目指していく。期間はおよそ1年~3年で、カリキュラム方式のプログラムを検討している。e-ラーニングとスクーリング等によりカリキュラムを履行し、修了者には「全日本病院協会認定病院総合医」の認定証を発行する。
 筑波大学の前野哲博教授からは、本事業で現在企画されているスクーリングについて説明があった。「プライマリ・ケアの現場で一歩踏み出せること」をコンセプトとし、「診療実践コース」「ノンテクニカルスキルコース」「医療経営コース」の3分野で構成される。
 その後パネルディスカッションが行われ、参加者からは、役割の増大やワークライフバランス、報酬・評価についての懸念があがった。座長を務めた全日本病院協会の織田正道副会長は、今後の総合医の普及が病院全体の生産性とワークライフバランスの改善に寄与することに言及し、プライマリ・ケアの現場同様に「一歩踏み出す」ことの重要性を述べた。
 ディスカッションでは本事業に対する期待の声が多く上がり、織田座長はこれらの声に感謝を述べ、場を締めた。

 

全日病ニュース2017年11月1日号 HTML版

 

 

全日病サイト内の関連情報
  • [1] 全日病ニュース・紙面PDF(2017年8月1日号)

    https://www.ajha.or.jp/news/backnumber/pdf/2017/170801.pdf

    2017年8月1日 ... 連携し、地域枠の医師のキャリア形成. プログラムを .... 地域包括ケア病棟の評価を2つ
    に分けることを検討 .... を使って総合的評価(アプレイザル). を行う。 .... 全日病ニュース
    . (3). 厚生労働省の「医療計画の見直し等. に関する検討会」(遠藤久夫座長)は6. 月
    30日、2025年に向けて増加する介護 ... 改定の度に増加、複雑化しており、医. 療機関
    の負担感は大きい。全日病会長. の猪口雄二委員は、「改定の度に医科 ..... プライマリ
    ケア検討委員会 ... 医へのキャリアチェンジ支援 .... 人材の育成と確保.

本コンテンツに関連するキーワードはこちら。
以下のキーワードをクリックすることで、全日病サイト内から関連する記事を検索することができます。