全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2018年) > 第911回/2018年2月15日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第911回/2018年2月15日号 HTML版

<中医協・総会>
加藤厚労相に2018年度診療報酬改定を答申
入院医療の評価体系を大幅に見直し、人員体制要件を緩和
<社保審・医療部会>
民間病院と公的病院の適切な役割分担求める
医療法等改正法案の概要も明らかに
<2018年度診療報酬改定>
【資料】一般病棟入院基本料の評価体系を抜本的に見直し
診療実績データを用いた評価として「重症度、医療・看護必要度Ⅱ」を新設
<社保審・介護給付費分科会>
2018年度介護報酬改定案を諮問・答申
介護医療院の報酬は介護療養病床より手厚く
<厚労省・医療計画見直し等検討会>
地域医療構想の病床規制で新たな知事権限設ける
人口減で医療需要が小さくなる地域が対象
<厚労省・医師養成あり方等検討会>
新専門医制度の採用・登録状況について報告受ける
大都市への偏在めぐり、正確なデータが求められる
<医道審・臨床研修部会>
厚労省が「基礎医育成・研修コース」の創設を提案
報告書の素案を了承
<厚労省・医療情報の提供内容等のあり方に関する検討会>
新たな広告規制の省令・告示、ガイドラインを了承
<日病協・代表者会議>
急性期一般入院料1の基準値30%以上は「厳しい」
認知症の患者数など地域や病院で異なる
<四病協・総合部会>
福祉医療機構に民間病院向け緊急融資求める
厚労省に機構への予算措置を要望