全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2019年) > 第932回/2019年1月1日・15日合併号 > 文書作成の負担軽減に向けた検討で議論の整理...
全日病ニュース

文書作成の負担軽減に向けた検討で議論の整理

文書作成の負担軽減に向けた検討で議論の整理

【厚労省・診断書等簡素化等研究会】業界ガイドラインを見直し

 厚生労働省の「民間保険会社が医療機関に求める診断書等の簡素化等に関する研究会」は12月13日、議論の整理をまとめた。医師の働き方改革で、事務負担の軽減に向け、生命保険会社が要求する診断書などの文書作成の簡素化・標準化が求められていることを踏まえ、金融庁も加わり、8月から4回の議論の結果をまとめた。
 年度内に業界ガイドラインを見直すとしたが、実際に医師の事務負担の軽減に結びつくかは、今後の各社の取組み次第ということになりそうだ。
 議論の整理では、簡素化・標準化を検討する上で、医師が作成する文書が民間保険会社にとって、「適時・適切な保険金・給付金等の支払の審査に当たり、支払事由に関する必要な情報を取得するための重要な書類」であることを強調。医療機関と民間保険会社の円滑な業務遂行の観点で、慎重な検討を行う必要があることを明確化した。
 今後の具体的な検討では、業界が自主的に作成しているガイドラインを年度内に見直す。見直しの内容では、◇経過欄、前医欄の記載をはじめ、医師に証明を求める項目の必要性・妥当性を検証し、必要に応じて簡略化◇領収書等による代替などの簡易請求の推進◇レイアウト面での使い勝手にも配慮し、標準的なひな形をガイドラインに例示─をあげた。
 これらを提案する一方で、「診断書作成様式の簡素化や簡易請求を突き詰めるあまり、かえって後々、民間保険会社側や請求者本人が医療機関側に追加照会を重ねる事態が生じては、業務負担の軽減の観点から元も子もない」と指摘した。標準化についても、「各保険会社の商品性の違いなどにより、必要情報に一定の差異が生じるのはやむを得ない」と、慎重姿勢が目立つ。
 医師の文書作成の負担軽減のためには、継続的な検討が重要との認識も示した。中期的な取組みとして、「電子カルテとの連動やネットワークを通じた保険会社と医療機関の情報連携など、包括的なシステム整備を伴う電子化の推進」も期待されると指摘した。

 

全日病ニュース2019年1月1日・15日合併号 HTML版

 

 

全日病サイト内の関連情報
  • [1] 医師に対する時間外労働規制の議論を再開|第922回/2018年8月1日 ...

    https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20180801/news03.html

    2018年8月1日 ... 意見書によると、まず医師に適用する省令の上限(特別条項)は、労働時間が過度に
    増加することを防ぐ「歯止め」と位置づけ、目安は「脳・心臓疾患の労災認定基準」(
    いわゆる過労死ライン)を基に ... また、医師の業務の負担感として、「診断書、診療記録
    および処方箋の記載」、「主治医意見書の記載」が大きいことを踏まえ、民間保険会社
    書式を含め、様式の統一化・簡素化の検討を進めていることを明らかにした。

  • [2] 全日病ニュース・紙面PDF(2018年8月1日号)

    https://www.ajha.or.jp/news/backnumber/pdf/2018/180801.pdf

    2018年8月1日 ... 業務の負担感として、「診断書、診療. 記録および処方箋の記載」、「主治医意. 見書の
    記載」が大きいことを踏まえ、. 民間保険会社の書式を含め、様式の統. 一化・簡素化
    検討を進めていること. を明らかにした。 今後の進め方としては、9月 ...

  • [3] 2008年2月15日号

    https://www.ajha.or.jp/news/backnumber/pdf/2008/080215.pdf

    2012年3月7日 ... 中央社会保険医療協議会(会長・土田武史早稲田大学教授)は2月13日、2008年.
    られる。 ..... 民間医療の育成が地域医療の充実につながる. かを反省す .... り、保険証
    情報の転記が不要. 請・届出が ..... 診断と治療が欠かせない。 日 時の3 .... (1)署名欄
    等の簡素化及び内容に変更 ...... 医療機関は保険会社に保険料を支払い、.

本コンテンツに関連するキーワードはこちら。
以下のキーワードをクリックすることで、全日病サイト内から関連する記事を検索することができます。