全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2019年) > 第932回/2019年1月1日・15日合併号 > 2020年度の研修医の都道府県別募集定員の上限示す...
全日病ニュース

2020年度の研修医の都道府県別募集定員の上限示す

2020年度の研修医の都道府県別募集定員の上限示す

【厚労省・臨床研修部会】東京が▲64人で大きく減少

 厚生労働省は12月7日の医道審議会医師分科会・医師臨床研修部会(桐野高明部会長)に、2020年度の研修医の都道府県別募集定員の上限を示した。大都市のある都府県への医師集中を是正するため、研修医の募集では都道府県に上限を設けている。2020年度は、東京が▲64人、神奈川が▲19人、大阪が▲17人、福岡が▲17人と対前年度で大きく減る見込みだ。
 医師不足対策として、政府は2008年度から段階的に、地域枠などで医学部の定員を増やしてきた。その医学生が卒業し、医師となって、臨床研修を受け始めた2015年度から研修医の数が急増している。2014年度に7,792人だった研修医受入れ実績数は2015年度に8,244人、2018年度には8,996人まで増加している。
 一方、医師数だけ増やしても、地域の医師偏在は解消しない。研修医においても、大都市の都府県への医師集中の是正を図るため、都道府県別の募集定員の上限設定を行っている。具体的には、人口や医師の養成状況、地理的条件などを勘案し、基礎数を設定した上で、調整枠を加えたものを上限としている。調整枠は、全国の募集定員上限に余裕があると、多く配分される。
 全国の募集定員上限は、研修希望者に対する比率を段階的に引き下げている。全体で比率を下げると、基本的には、募集に対する受入れ人数に制限がかかり、大都市のある都府県への医師集中が是正される方向に働く。
 比率は2008年度の1.347倍から段階的に引き下げており、2017年度は1.16倍、2018年度は1.103倍とした。2020年度は1.1倍とする。
 2020年度の予測値をみると、研修希望者1万171人に対し、その1.1倍の1万1,188人が募集定員の上限となる。これに医学部入学定員増などを織り込んだ実際の募集定員上限は1万1,924人である。
 募集定員上限は2019年度の1 万2,228人と比べると、304人減った。このため、各都道府県の募集定員上限も、軒並み減っている。特に、大都市のある東京、神奈川、大阪、福岡で大きく減少した。増加したのは、宮城の13人増、新潟の2人増、京都の12人増、和歌山の1人のみである。宮城は上限の計算式で医師養成状況が基礎数になることに関連し、東北医科薬科大学の医学部新設のため。京都は府内での偏在が大きいことへの配慮がある。
 2020年度の予測値は、2018年度の医学部5年生時の人数を集計し、算出している。医学部入学定員に増減がないにもかかわらず、研修医の見込み数が減る。全日病副会長の神野正博委員は、「医師不足対策で医学部入学定員を増やしたのに、研修医になる見込みの人が大きく減った。進級できない人が増えたのであれば問題だ」と述べた。
 一方、厚労省は、要因分析は現段階でできないとしつつ、2021年度は反動で増加する可能性が高いとの考えを示している。

都道府県への権限委譲に懸念
 医療法・医師法改正法により、2019年4月から医師養成過程における国から都道府県への権限委譲が施行される。それを踏まえ、年度内に公布する政省令案を固めるための議論を行った。
 臨床研修病院はこれまで厚生労働大臣が指定していたが、今後は国が一定基準を示した上で、都道府県が地域医療対策協議会の意見を反映させて、指定する。国よりも都道府県の方が、地域の実情に応じたきめ細かな対応を期待できることから、地域医療に関し責任のある都道府県の関与を強める。
 ただ、委員からは、都道府県や地対協の地域医療に対する取組みには格差があることを懸念する意見が出て、国が取組みの適切性を検証し、評価していくべきとの提案があった。
 臨床研修の募集定員も都道府県が病院ごとに定めることになる。地域枠の医師や地元出身者の選考を一般のマッチングと分け、地方の研修医の増加を狙う地域密着型病院(案)の指定も2020年度から始まる。
 2025年度に向け、研修希望者に対する募集定員の割合を1.05倍まで圧縮し、医師偏在是正を図るのにあわせ、定員算定方法の変更も行われる。これらについても、都道府県による恣意的な対応が行われないよう、国の関与が必要との意見が出された。

 

全日病ニュース2019年1月1日・15日合併号 HTML版

 

 

全日病サイト内の関連情報
  • [1] 地域定着図るため臨床研修制度を見直し|第904回/2017年10月15日 ...

    https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20171015/news13.html

    2017年10月15日 ... 全日病副会長の神野正博委員は、研修医募集定員を適正化する中で、地域枠の医師を
    別枠で優先することなく都道府県調整機能で対応すべきと主張した。厚労省は、地域
    枠医師の別枠は地域の状況に応じ、慎重に対応すると説明し、次回 ...

  • [2] 研修医の募集定員 激変緩和措置の2013年度末廃止で概ね合意|第 ...

    https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20130601/news07.html

    2013年6月1日 ... 研修医募集定員:激変緩和措置の2013年度末廃止で概ね合意|第802回/2013
    年6月1日号 HTML版。21世紀の医療を考える「 ... 前回の見直しから、募集定員は、
    全国の研修医総数を都道府県別人口で按分した数と都道府県別医学部入学定員数で
    按分した数の ... 各病院は、過去3年の研修医受入実績の最大値に医師派遣等の実績
    を勘案した上で、都道府県上限との調整を行なった上で設定されている。

  • [3] 医師臨床研修制度の見直しについて(平成27年度研修より適用予定)

    https://www.ajha.or.jp/topics/admininfo/pdf/2013/131224_1.pdf

    2013年12月19日 ... 今回の見直しは、前回の制度見直し(募集定員の見直し等:平成22年度研修より適用)
    において、5年以内に見直しを行うこととなってい. たこと等を ...... 都道府県別募集定員
    の上限の設定方法については、全国の研修医総数を「①都道府県 .... なお、この都
    道府県が調整できる枠の規模については、研修希望者に対する全体の募.

本コンテンツに関連するキーワードはこちら。
以下のキーワードをクリックすることで、全日病サイト内から関連する記事を検索することができます。