全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2019年) > 第933回/2019年2月1日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第933回/2019年2月1日号 HTML版

<四病協賀詞交歓会>
未来に向けた病院運営を考える年に
新たな技術もいち早く導入
<医師の働き方改革検討会>
時間外労働の特例水準は年1,900~ 2,000時間
上限の基本は年960時間
<医師需給分科会>
外来の医師偏在対策の具体案を示す
多数区域での開業を思いとどまらせる
<中医協・医療機関等の消費税負担分科会>
急性期一般入院料と特定入院料(分類Ⅰ)の上乗せ率4.8%
初・再診療の上乗せ率は5.5%
<救急・災害医療提供体制等の在り方検討会>
救急救命士の業務見直しの必要性で委員の意見が一致
病棟での活躍を期待
<地域医療構想WG>
地域医療構想調整会議の議論の結果を検証
公立・公的病院の改革の実効性に懸念
<医療情報提供内容等あり方検討会>
臨床指標の標準化で医療団体に協議会を設置
全日病などを候補に事業者を選定
<政府予算案>
社会保障関係費は31兆5,937億円で過去最大に
自然増は実質4,774億円の増加に抑える
<2019年度税制改正大綱>
医療機関の設備投資で特別償却を拡充・延長
勤務環境改善や地域医療構想推進などが条件
<中医協・費用対効果評価等合同部会>
費用対効果評価の本格導入の仕組みで骨子案
価格全体では10%または15%が下限
<改正健保法案>
支払基金に医療情報化支援基金を創設
電子カルテの標準化目指す
<シリーズ●ICT 利活用の取組み――その③>
地域包括ケアシステムを支える情報連携を目指して
社会医療法人 高橋病院
<長野県支部>
新規会員獲得のためのセミナーを開催
未収金対策と病院BCPがテーマ
<厚労省・医療部会>
医政局予算案は補正予算案と合わせ25%増
2019年度は2,190億円
<四病協・総合部会>
5月の10連休の医療体制の確保で対応を協議
医師の働き方改革の検討状況の報告受ける
<日病協>
新たな仕組みの検討が必要と強調
消費税問題で見解示す
<日本専門医機構>
専門医研修のカリキュラム制の仕組みで合意
履修期間で柔軟に対応する研修を可能に