全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2019年) > 第935回/2019年3月1日号 > 医師少数と医師多数の都道府県を算出...
全日病ニュース

医師少数と医師多数の都道府県を算出

医師少数と医師多数の都道府県を算出

【厚労省・医師需給分科会】二次医療圏別の医師の多寡も示す

 厚生労働省は2月18日の医療従事者の需給に関する検討会・医師需給分科会(片峰茂座長)に、今後の医師偏在対策で、医師不足解消の対象として設定する医師少数三次医療圏(区域)と医師多数三次医療圏(区域)を明らかにした。今後、医師派遣や医師養成を通じた様々な取り組みにより、少数地域を中心に、医師確保を目指す。
 単純な人口10万人対医師数では、医師不足の実態を反映できないことから、新たに医師偏在指標を開発した。それに基づいて、全国の三次医療圏(都道府県)と二次医療圏ごとに指標を算出し、下位3分の1を医師少数三次医療圏(区域)、上位3分の1を医師多数三次医療圏(区域)として並べた。
 結果は右表のとおりである。新たな医師偏在指標は対人口10万人医師数をベースに、供給では医師の労働時間、需要では受療率などを勘案したものなので、人数で表される。全国平均は238.3人に対し、最下位の岩手は169.3人、最上位の東京は329.0人だった。下位をみると、岩手に次いで、新潟(169.8人)、青森(172.1人)、上位をみると、東京に次いで、京都(314.9人)、福岡(300.5人)となっている。
 一方、二次医療圏でみると、全国平均は同様に238.3人。下位は、秋田県北秋田(69.6人)、北海道宗谷(79人)、北海道日高(80.4人)、山梨県峡南(81.5人)、鹿児島県曽於(81.7人)の順。上位は、東京都区中央部(759.7人)、東京都区西部(508.0人)、福岡県久留米(453.3人)、茨城県つくば(442.9人)愛知県尾張東部(431.3人)となっている。

2036年に医師過剰になる診療科算出
 厚労省は同日、各診療科における将来の必要医師数の推計を示した。2036年時点と2016年時点の医師数を比べ、医師が不足する診療科と医師が過剰になる診療科を示した。必要医師数が現状(2016年時点)を下回る診療科で人数が多かったのは、精神科(1,688人)、皮膚科(1,414人)、耳鼻咽喉科(1,229人)、眼科(895人)となっている。
 推計では、DPCデータを用い、各疾病と各診療領域の重み付けした対応表を用いている。必要医師数は、働き方改革を一定程度織り込んだ労働時間をすべての医師に当てはめた時間数で換算しており、その要素の影響が大きく出た。このため、全体より1割ほど労働時間が短い精神科では、必要医師数が現状の働き方の精神科医1人よりも、少なく算出されることになる。
 逆に、医師不足の大きな診療科をみると、内科が1万4,189人、外科が4,363人、脳神経外科が2,523人、整形外科が1,993人、泌尿器科が1,003人。同様に、脳神経外科は全体より労働時間が1割強多いため、全体に合わせると、より多く医師が必要になる。

 

全日病ニュース2019年3月1日号 HTML版

 

 

全日病サイト内の関連情報
  • [1] 厚労省・医師需給分科会> 偏在解消目指す医師少数区域は指標で下位 ...

    https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20190215/news04.html

    2019年2月15日 ... 偏在解消目指す医師少数区域は指標で下位33.3%|第934回/2019年2月15日号
    HTML版。21世紀の医療を考える「 ... それを3 区分して、下位33.3%が医師少数区域、
    医師少数三次医療圏、上位33.3%が医師多数区域、医師多数三次 ...

  • [2] 医師少数区域の設定や医師確保策を整理|第931回/2018年12月15 ...

    https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20181215/news03.html

    2018年12月15日 ... 厚生労働省の医療従事者の需給に関する検討会・医師需給分科会(片峰茂座長)は11
    月28日、新たな医師偏在指標により設定する医師少数区域 ... 同様に、都道府県単位で
    ある「医師少数三次医療圏」と「医師多数三次医療圏」も設定する。

  • [3] 全日病ニュース・紙面PDF(2018年12月15日号)

    https://www.ajha.or.jp/news/backnumber/pdf/2018/181215.pdf

    2018年12月15日 ... する検討会・医師需給分科会(片峰茂 ... 府県単位である「医師少数三次医療圏」. と「
    医師多数三次 ... 医師中程度区域は、「必. 要に応じて」できる。ただ、医師多数. 三次
    医療圏・区域であっても、個別の. 医療機関が医師を確保することは妨げ.

本コンテンツに関連するキーワードはこちら。
以下のキーワードをクリックすることで、全日病サイト内から関連する記事を検索することができます。