全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2019年) > 第937回/2019年4月1日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第937回/2019年4月1日号 HTML版

<厚労省・医師の働き方改革検討会>
時間外労働上限年間1,860時間の賛否など議論が大詰め
特例水準の対象医療機関は約1,500施設
<中医協総会>
維持期リハビリの介護保険への移行を3月末に完了
ケアプランの手続きや報酬の請求では配慮
<厚労省・地域医療構想WG>
公立・公的病院の診療実績を分析し代替可能性を判断
夏頃に分析結果を公表
<厚労省・在宅医療介護連携WG>
在宅医療の均てん化に向け市町村など支援
都道府県の取組みにばらつき
<安藤副会長が厚生労働委員会で公私の役割分担を質問>
公立病院への繰入金総額は8,083億円と総務省が答弁
<厚労省・訪日外国人医療検討会>
適切な診療価格や医療機関向けマニュアルを検討
厚労省の取組みの議論を一通り終える
<厚労省・患者申出療養評価会議>
植込み型補助人工心臓の療法で実施を見合わせ
患者死亡で因果関係否定できず
<資料>
第4次中間取りまとめ(概要版・案)
※3月22日 医療従事者の需給に関する検討会から
<資料>
新たな医師偏在指標による医師多数・少数三次医療圏(二次医療圏)
<シリーズ●若手経営者に聞く⑤>
地域密着型ヘルスケアシステムを構築し
質の高い医療と介護、福祉の総合サービス目指す
医療法人聖峰会 田主丸中央病院 理事長 鬼塚一郎
<地域防災緊急ネットワーク・フォーラム>
マスギャザリング災害への備えを議論
来年の東京オリ・パラを想定
<日病協・代表者会議>
働き方改革で時間外の病状説明は選定療養に
抗インフルエンザ薬の予防投与も要望
<厚労省・医療従事者需給検討会>
医師偏在対策を盛り込んだ第4次中間取りまとめ了承
医師偏在是正の目標年は2036年
<医道審・専門研修部会>
サブスペ23領域の連動研修4月開始は見送り
研修始める専攻医には配慮
<日本専門医機構>
サブスペ23領域の専門研修部会の追認求める
外科学会の声明にも配慮