全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2020年) > 第961回/2020年4月15日号 > 改革工程表の事項や傷病手当金をめぐり議論
全日病ニュース

改革工程表の事項や傷病手当金をめぐり議論

改革工程表の事項や傷病手当金をめぐり議論

【医療保険部会】金融資産等の保有状況を考慮した負担に賛否両論

 社会保障審議会・医療保険部会(遠藤久雄部会長)は3月26日、医療保険制度改革に向け、「金融資産等の保有状況を考慮に入れた負担の在り方」など改革工程表2019に盛り込まれた事項や傷病手当金について議論した。
 改革工程表2019では、高齢者医療制度および介護保険制度について、所得のみならず、資産の保有状況を評価して、「能力」に応じた負担を求める考えを示している。厚労省の資料によると、後期高齢者世帯の平均貯蓄額は1,096万円となっているが、分布をみると貯蓄がない世帯が15%強と最も多く、次いで貯蓄3千万円以上の割合が10%弱となり、二極化している。
 食事・居住費に関する給付を医療保険と介護保険で比較すると、医療保険では、病院等における食事・居住サービスは保険給付の対象としつつ、在宅でもかかる費用として、食費および居住費を自己負担としている(居住費は65歳以上・療養病床のみ対象)。一方、介護保険では、介護保険施設における食事・居住サービスは、在宅との公平性の観点から保険給付の対象外(自己負担)としつつ、福祉的な観点から低所得者に補足給付を行い、低所得者の判定に当たって預貯金を勘案している。
 金融資産等を考慮した負担については、賛同する意見があった一方、「高齢者の多くは遣り繰りして万が一に備えている」として、慎重な対応を求める意見があった。
 傷病手当金については、働き方改革実行計画等で、病気の治療と仕事の両立の観点から支給要件等を検討し、必要な措置を講ずるとしている。
 健保組合と共済組合では、傷病手当金の支給期間の取り扱いが異なり、健保組合は同一の疾病・負傷に対し1年6カ月だが、共済組合は復職した期間を除き、通算して1年6カ月となっている。支給期間については、共済組合にあわせて通算する方向となった。

 

全日病ニュース2020年4月15日号 HTML版

 

 

全日病サイト内の関連情報
  • [1] 全日本病院協会

    https://www.ajha.or.jp/

    全日病(公益社団法人全日本病院協会)の医療体制・病院運営・教育研修・最新医療
    行政に関する情報サイト。各情報を「全日病について」「主張・要望・調査報告」「教育
    研修」「病院支援事業」「全日病ニュース」「みんなの医療ガイド」「お知らせ」の7つの ...

  • [2] 事 務 連 絡 平成 30 年 11 月 22 日 公益社団法人全日本病院協会 御中

    https://www.ajha.or.jp/topics/jimukyoku/pdf/181126_2.pdf

    2018年11月22日 ... 健康保険組合及び連合会、共済組合及び連合会、国民健康保険組合、JCHO. 【その他
    公的医療機関】 ... 療養病床数:介護療養病床を有する場合、(3)-3において療養病床
    合計と内訳をご記入下さい。 回復期リハビリ. テーション病床.

  • [3] 事 業 報 告 書 決 算 報 告 書

    https://www.ajha.or.jp/about_us/plan/jigyou-kessan_h26.pdf

    調査対象は本会の会員で療養病床のみ・精神病床のみを除く 1,830 病院で回答. 数(
    回答率)は ... 全国建設工事業国民健康保険組合 ... 公益目的事業会計. 収益事業等
    会計. 調査研究・研修等事業. 会員支援等事業. Ⅰ 資産の部. 1. 流動資産. 現金預金. 0
    .

本コンテンツに関連するキーワードはこちら。
以下のキーワードをクリックすることで、全日病サイト内から関連する記事を検索することができます。