全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2020年) > 第971回/2020年9月15日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第971回/2020年9月15日号 HTML版

<厚労省・働き方改革推進検討会>
医師の働き方改革の議論を再開、年内にとりまとめ
兼業合わせ年960時間超えの医師への対応が課題に浮上
<医道審・臨床研修部会>
地域医療研修の半年への拡大に「時期尚早」との意見相次ぐ
シームレスな医師養成と区別した議論を求める
<厚労省・医師需給分科会>
医学部入学定員の臨時定員枠を2022年度も維持
恒久定員枠に「地域枠」を設定
<厚労省・介護給付費分科会>
四病協が次期介護報酬改定について要望
新型コロナの対応で利用者負担への配慮求める

安倍首相が退陣表明に伴い新型コロナ対策示す

病院機能評価データブック2018年度版について
全日病病院機能評価委員会委員長 木村 厚

病院機能評価データブックの活用について
全日病副会長 美原 盤

審査基準の統一化に向け検討会が初会合
厚労省・審査支払機能の検討会
<厚労省>
新型コロナの相談・診療体制を変更
インフル流行に備え
<日病協・代表者会議>
多くの都道府県が第二次補正の補助金を9月中に交付
診療報酬実務者会議の委員長に太田圭洋氏が就任
<四病協・総合部会>
臨床研究医コースの仕組みで「丁寧な議論」求める
目指す募集人数含め制度の不透明さは残る
<厚労省通知>
公立・公的医療機関の再検証の期限を改めて議論し整理
地域医療構想の議論を再開する方向
<厚労省事務連>
新型コロナ対応の診療報酬上の臨時的な取扱いを事務連絡
重症度、医療・看護必要度の見直し期限など延長