全日病ニュース

全日病ニュース

明治維新後の危機を乗り越え、復活

明治維新後の危機を乗り越え、復活

【夏期研修会】「京都の伝統文化と京料理」をテーマに講演

 全日病は8月28日、京都府支部(清水鴻一郎支部長)の主催で、夏期研修会を開催した。テーマは、「京都の伝統文化と京料理」。京都の伝統文化については、前京都府知事である山田啓二・京都産業大学法学部教授が、「京都の文化戦略~京都の力の源泉を探る~」と題して講演を行った。京都の伝統文化の一つである京料理については、京懐石・美濃吉の佐竹洋治・調理総支配人が「世界の中の日本料理」と題して、京料理の品々の写真を交えながら、四季折々の料理を紹介した。
 山田氏は、兵庫県洲本市が出身地だが、総務省官僚から知事選に出馬し、2002年4月からの第1期から第4期まで知事の役職を担い、全国知事会長にも就任している。山田氏は、日本全体が人口危機を迎える中で、京都が人口急減という「暗い歴史」をいかに乗り切ったかということを語った。京都の危機とは、明治維新にあった。


山田啓二氏

 明治維新により、事実上の東京への遷都が行われ、京都の人口は急減した。明治維新前の京都域内外の人口約35万人は明治5年に約24万人になった。しかも宮家、公卿、有力町人の多くが流出した。それでも、京都はあきらめず、イノベーションを生み出す懸命な努力により「復活」したという。
 まずは教育に力を入れた。明治2年に日本初の柳池小学校を開校し、年末までに、市内64校を設置した。明治5年には現在の京都府立医科大学である府立療病院が開設される。その後、同志社大学や京都帝国大学も設置される。
 文化の交流・発信の場としては、明治4年に京都博覧会を開催。この時の舞踏公演が「都をどり」の始まりとなった。産業では織機などで先進技術を真っ先に取り入れた。明治18年には琵琶湖疏水が起工している(5年後に完成)。
 こうした取組みにより、京都は再び活性化した。そして、歴史に彩られた京都の蓄積をもとに、文化・観光政策により、「世界交流首都・京都」を実現させようとしている。「世界交流首都・京都」の3本柱は「世界の文化首都」、「大学のまち」、「価値創造都市」。山田氏は、文化庁が京都に移転すれば、京都は文字通り、文化の都になると述べた。
 佐竹氏は、美濃吉10代目当主の次男であり、大学卒業後、南禅寺「瓢亭」で板場修行の道に入り、3年間の勤務を経て、実家の美濃吉本店竹茂楼厨房に入った。


佐竹洋治氏

 京料理の要素として、公家のための「有職(ゆうそく)料理」、仏僧のための「精進料理」、武士の本膳料理に由来がある「会席料理」、茶の湯会で出される「茶懐石」、「川魚料理」をあげた。京料理に明確な定義があるわけではなく、「お客様の価値観によって判断されるもの」としながら、「昆布と鰹節の出しを使う」ことがすべての京料理の鉄則であると述べた。EU圏内の一部の国では、かつお節が規制されている等、各国の事情が異なる中、事前のリサーチ・準備を万全にし、アメリカ、ロシア、フランス、トルコなど各国の晩餐会を主催し、成功を収めている。

 

全日病ニュース2022年9月15日号 HTML版

 

 

全日病サイト内の関連情報
  • [1] 夏期研修会の開催について

    www.ajha.or.jp › seminar › summer › pdf

    「令和 4 年度 全日本病院協会 夏期研修会」にご参加されます皆様方の宿泊プラン・観光プラン・交通の受付を、. (株)JTB大阪第二事業部にてお取扱を ...

  • [2] 存:J 院内感染対策主管課御中

    www.ajha.or.jp › topics › admininfo › pdf

    アウトブレイクあるいは異常発生(単発の奥南富栄症を合む)の特定と ... 医療従事者に対する研修(職員教育)には、部脚寺の初期開底部融後定期的に ...

  • [3] 令和 2 年度特定健康診査・特定保健指導委託契約書

    www.ajha.or.jp › hms › tokuteikenshin › pdf

    高齢者の医療の確保に関する法律(昭和 57 年法律第 80 号)に基づき実施する、特定健康. 診査(糖尿病その他の政令で定める生活習慣病に関する健康診査 ...

本コンテンツに関連するキーワードはこちら。
以下のキーワードをクリックすることで、全日病サイト内から関連する記事を検索することができます。