全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2016年) > 第871回/2016年5月15日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第871回/2016年5月15日号 ヘッドライン

<熊本地震>
復興への取組みが本格化
全日病がAMATを派遣 被災地に対する長期的な支援が重要に
<厚労省・医師需給検討会>
厚労省が一定の強制力伴う医師偏在対策を示す
<厚労省・専門医養成に関する専門委員会>
新たな専門医制度で永井委員長が私案示す
都道府県ごとに定員枠設定
<看護師特定行為研修>
4月より全日病にて共通科目(315時間)のeラーニングによる講座提供を開始
<論考>
医療機関におけるマイナンバー制度への対応
DPC機能評価係数の決定過程は不透明
[日病協] 重症度係数の決め方は「ブラックボックス」 中医協に改善求める
日本専門医機構の組織見直しを求める
[四病協] 来年4月スタートは物理的に難しい
<厚労省・介護保険部会>
介護給付費のデータ分析体制など保険者機能強化を議論
ケアマネジメントの特定事業所集中減算に批判が相次ぐ