全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2016年) > 第875回/2016年7月15日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第875回/2016年7月15日号 ヘッドライン

<日本専門医機構>
日本専門医機構の理事長に吉村氏が就任
7月の社員総会で専門医制度に一定の方向性示す
<総合部会>
四病協の意見を日本専門医機構に反映
<厚労省・医療介護総合確保促進会議>
医療介護連携におけるケアマネや多職種、事業所間の連携で議論
「病院は“生活の場”の実態を知るべき」との声も
<厚労省・レセプト情報等の提供に関する有識者会議>
一般公開に向けNDBオープンデータの公表基準を決める
<中医協>
DPC制度の検討課題と入院医療に関する調査項目
平成28年熊本地震活動報告
<厚労省・全国在宅医療会議>
在宅医療の普及に向けて関係者が協議
国民に対するメッセージを発信
<日病協>
7対1入院基本料の動向調査を7月中に実施
<厚労省・検討会>
循環器病の死亡者減を目指し体制構築
10月の中間報告に向け初会合を開く
<厚労省・厚生科学審議会・結核部会>
2020年に結核の低まん延国目指すと予防指針に盛り込む