全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2017年) > 第898回/2017年7月15日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第898回/2017年7月15日号 ヘッドライン

支部の意見を集約し、全日病の主張を発信していく
当面の課題について猪口雄二会長に聞く
<中医協・費用対効果評価専門部会>
費用対効果評価は保険償還の判断には用いない
価格調整は一定期間後に
改正個人情報保護法・改正マイナンバー法への対応
<支部長・副支部長会>
調整会議で議論できる環境づくりに努める
厚労省の佐々木課長が特別講演
<日病協・代表者会議>
「医療機能の報告では曖昧さが必要」で一致
定量的基準の設定に慎重論
<四病協・総合部会>
「人生の最終段階における医療」で委員会を設置へ
病床機能報告と入院基本料の関連づけは不適切
<臨床研修制度WG>
研修目標に到達するための手段の議論を開始
<厚労省・循環器の診療提供体制に関する検討会>
脳卒中と心血管疾患の医療提供体制を描く