全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2017年) > 第901回/2017年9月1日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第901回/2017年9月1日号 ヘッドライン

<厚労省・医師養成等検討会>
新専門医制度の来年度開始に一定の理解
全国市長会が地域医療への配慮を念押し
全日病の会員数が2,500を超える
8月は5会員増の2,504に
<中医協・総会>
国内初の脊髄性筋萎縮症の高額治療薬を薬価収載
東日本大震災と熊本地震に伴う特例は半年延長
<中医協・費用対効果評価専門部会>
試行的導入での支払い意思額調査結果の反映は断念
過去の研究成果を活用
<中医協・薬価専門部会>
後発品や長期収載品、新薬創出等加算の論点を整理
抜本改革に向け今後具体的な議論に入る
<中医協・入院医療等分科会>
療養病棟の医療区分の設定に一定の妥当性
看護配置25対1の取扱いが課題
<社保審・介護給付費分科会>
介護サービスの質の評価と事業者インセンティブを議論
議論が一巡、次回に関係団体のヒアリング実施
<厚労省・がん拠点病院指定WG>
がん診療連携拠点病院の指定要件見直し議論がスタート
<厚労省・がんゲノム医療中核拠点病院サブWG>
がんゲノム医療中核拠点病院の指定要件を検討
病院機能評価の受審を支援し、認定率向上目指す第三者の目で評価を受けることが病院機能を高める
<シリーズ●病院事務長が考えるこれからの病院経営2>
民間病院として活き残るには
<厚労省・レセプト情報提供に関する有識者会議>
システム改修でレセプトと特定健診データの突合率が改善
政府の災害対応訓練でDPATとAMATが初めて連携し、医療活動訓練を実施
<理事会・支部長会>
地域医療構想や調整会議の対応を協議
9月18日に各支部の担当者招き意見交換会を開催
<日病協・代表者会議>
地域包括ケア病棟協会がオブザーバ参加
日本リハ病院・施設協会は加入へ
<厚労省>
医療計画と介護保険事業計画の整合性確保で通知
追加的需要は在宅医療と介護保険施設で案分