全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2017年) > 第903回/2017年10月1日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第903回/2017年10月1日号 ヘッドライン

<第59回 全日本病院学会 in 石川>
「大変革前夜に挑め! 今こそ生きるをデザインせよ」をテーマに石川学会を開催
<特別講演>
診療報酬本体財源の確保を政府・与党に訴える
横倉義武 日本医師会会長
<特別講演>
地域医療構想では関係者の納得と合意が重要
武田俊彦 厚生労働省医政局長
<特別講演>
医師の労働の実態把握で調査を実施
厚生労働省 鈴木康裕医務技監
<学会企画シンポジウム3>
地域をデザインする病院
<特別シンポジウム>
社会保障改革と消費税、ICT・AIの活用、地方創生と医療の役割を議論
どうする医療~財務の視点、厚生労働の視点、地方創生の視点~
<学会企画シンポジウム1>
中小病院が提供する在宅医療のあり方
織田病院がMBCの運用状況を報告
<学会企画シンポジウム2>
社会の中で医師はどのような役割を果たすか
医師偏在や働き方改革に示唆
<学会企画シンポジウム4>
枠を越えて生きるをデザインする病院
全日本病院学会を東京に引き継ぐ
<社保審・医療部会>
病院から転換する介護医療院の名称を議論
厚労省は今後掲示の仕方を整理
<中医協総会>
維持期リハビリの介護保険への移行策を検討
第2ラウンドの個別テーマの議論始まる
<中医協・費用対効果評価専門部会>
費用対効果の評価基準で技術的な論点示す
厚労省は慎重に議論進める姿勢
<厚労省・医師需給分科会>
実効性のある医師偏在対策の議論を再開
無床診療所への規制も検討課題
<中医協・入院医療等分科会>
入院医療に関する調査の分析結果で中間報告
看護必要度と診療報酬項目の相関を今後検証
<厚労省・介護給付費分科会>
大改修まで6.4m2を可とすべき。四病協が介護医療院で要望
<厚労省・医師の働き方検討会>
来年1月の中間整理に向けた検討課題示す
医師の勤務実態を把握する調査を検討
<常任理事会>
介護医療院と医師の働き方改革をテーマに討論
介護医療院協議会(仮称)の設置を決める
<日病協・代表者会議>
重症度、医療・看護必要度のDPCデータ応用は概ね了承
リハビリテーション協会が正式加入し14団体に
<日本専門医機構>
当初予定を若干変更し10月10日に登録開始
全体の日程は変わらず
<厚労省・臨床研修制度の到達目標・方略・評価WG>
医師臨床研修の評価方法で議論