全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2018年) > 第915回/2018年4月15日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第915回/2018年4月15日号 ヘッドライン

<臨時総会>
消費税率引上げや医師の働き方改革、今後の政策課題はタイトな日程で進む
臨時総会介護医療院の創設に伴う定款変更を承認
<中医協・消費税負担に関する分科会>
診療報酬での補てんに備え準備進める
消費税10%への引上げの対応
<厚労省・医師需給分科会>
2020年度以降の医学定員の臨時増員の取扱いを検討
5月に第3次中間報告まとめる
<厚労省・医師養成あり方検討会>
専門医機構が厚労省検討会に専攻医採用状況を報告
東京への一極集中に批判の声あがる
<厚労省・医療等分野情報連携基盤検討会>
今夏に全国保健医療情報ネットワークの工程表を示す
ネットワーク基盤の議論を再開
<厚労省・地域医療構想WG>
2017年度の病床機能報告制度の速報値を報告
定量的な基準設定には賛否両論
<厚労省・情報通信機器GL 作成検討会>
オンライン診療のガイドラインをまとめる
情報セキュリティの記載を再整理
<厚労省・人生の最終段階の医療に関する検討会>
人生の最終段階の医療の普及・啓発で報告書
医療・ケアチームの対応示す
<日病協・代表者会議>
2018年度診療報酬改定に一定の評価
看護必要度Ⅱの対応めぐり議論
<四病協・総合部会>
専門医のあり方検討委を設置
委員長に神野副会長
<日本専門医機構>
専攻医の都道府県別の採用状況
東京への集中際立つ