全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2018年) > 第920回/2018年7月1日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第920回/2018年7月1日号 ヘッドライン

<定時総会>
医師の働き方改革などの難題「一丸となり乗り越える」
猪口会長が都道府県支部の協力に感謝
<中医協・費用対効果評価専門部会等>
延命治療での支払意思額調査は行わない
試行的導入と同じ基準値採用の方向
<健康・医療戦略推進本部WG>
訪日外国人への医療に関する総合対策まとめる
厚労省の検討会などで具体的な対応を議論
<厚労省・地域医療構想WG>
病床機能報告見直しに向けた議論の整理を了承
調整会議の活発な議論促す
<診療報酬改定シリーズ 2018年度改定への対応③>
地域一般入院基本料(地域包括ケア病棟入院料・回復期リハビリテーション病棟入院料)
医療保険・診療報酬委員会 委員 福井聡
<骨太方針2018>
今後3年間を「基盤強化期間」に位置づけ
社会保障抑制の数値目標は盛り込まず
<厚労省・医療介護データ解析基盤に関する有識者会議>
NDBと介護DB連結の実施体制や費用負担を議論
7月に中間まとめ
<厚労省・有識者会議>
NDBオープンデータの集計を二次医療圏単位に
利用者からの要望に一定程度対応
<第60回全日本病院学会 in 東京>
学会テーマは「成熟社会の医・食・住」 病院のあり方を市民とともに考える学会に!
猪口雄二・学会長に聞く
<シリーズ●先進的な病院広報活動の紹介――その③>
認知症ケアの質を高め、病院のブランドに
医療法人大誠会 内田病院
<支部長・副支部長会>
都道府県支部の質問に答え、全日病の考え方を説明
消費税問題や医師偏在、医師の働き方など15項目
<日病協・代表者会議>
医療被ばくの適正管理の議論に懸念
正確なデータに基づく議論求める
<四病協・総合部会>
「重症度、医療・看護必要度Ⅱ」を調査
多くの病院で基準値を満たす
<日本専門医機構>
吉村理事長が機構の運営振り返る