全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2018年) > 第930回/2018年12月1日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第930回/2018年12月1日号 ヘッドライン

<厚労省・医師の働き方改革検討会>
労働として取扱わない医師の研鑽の考え方示す
病院での上司による時間管理が課題
<厚労省・医師の働き方改革検討会>
勤務間インターバルの導入が必要との意見相次ぐ
6時間以上の睡眠確保が必要
<厚労省・医療・介護データ等解析基盤有識者会議>
NDBと介護DBを連結したデータを第三者提供
次期通常国会で法改正
<社保審・医療保険部会>
改革工程表や当面の医療保険関連の課題を協議
75歳以上の窓口負担引上げで賛否
<厚労省・上手な医療のかかり方懇談会>
患者の賢い医療の選択に向けヒアリング
厚労省はこれまでの議論を整理
<厚労省・在宅医療及び医療・介護連携WG>
在宅医療の充実に向けて議論を整理
都道府県が市町村を支援
<厚労省・訪日外国人旅行者等医療提供検討会>
外国人患者を受け入れる医療機関を都道府県が選定
厚労省が結果をまとめ公表
<中医協・調査実施小委員会>
医療経済実態調査の実施案を了承
医療機関に比較可能な経営指標示す
<医療従事者委員会>
病院事務長研修および看護部門長研修の成果
医療従事者委員会委員長 井上健一郎
<看護師特定行為研修委員会>
地域包括ケアの中で、近未来へ投資せよ
看護師特定行為研修委員会委員長 神野正博
<病院機能評価委員会>
成熟した社会が病院機能評価に求めるもの
病院機能評価委員会委員長 木村 厚
<病院のあり方委員会>
「地域包括ケアシステム」構築推進に向けた対応
病院のあり方委員会委員長 徳田禎久
<人間ドック委員会>
第3期特定健診・特定保健指導の特徴
人間ドック委員会委員長 西 昂
<医業経営・税制委員会>
病院の消費税問題をどう解決するか
医業経営・税制委員会委員長 中村康彦
<外国人技能実習生受入事業>
外国人技能実習生(介護分野)の受入れについて
国際交流委員会 委員長 外国人技能実習生受入事業 担当役員 山本 登
<中医協・消費税負担分科会>
診療報酬での補てんの改善策で議論の整理
収入に占める入院料シェアを考慮
<厚労省・特定機能病院及び地域医療支援病院検討会>
地域医療支援病院の要件見直しの議論を開始
医師派遣機能の強化を目指す
<社保審・介護給付費分科会>
消費税対応で介護報酬に単位を上乗せ
基本単位を中心に個別項目にも
<日本専門医機構>
専攻医の募集「順調に進んでいる」寺本理事長