全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2019年) > 第943回/2019年7月1日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第943回/2019年7月1日号 ヘッドライン

<第7回定時総会・第8回臨時総会>
猪口雄二会長の2期目の続投決める
「民間病院を取り巻く環境は厳しい」
<中医協総会>
ICTの利活用を妨げない診療報酬が課題
オンライン診療の要件見直しも検討
<中医協・入院医療等の調査・評価分科会>
旧7対1の96.5%が改定後も同水準の急性期一般入院料1を維持
2018年度診療報酬改定の調査結果
<中医協・入院医療等の調査・評価分科会>
「重症度、医療・看護必要度Ⅰ」の変化は5.6ポイントで「妥当」
医師の診察頻度ではデータを疑問視
<支部長・副支部長会支部長・副支部長会>
「医師の働き方改革」と「地域医療構想」をテーマに講演
公立・公的病院の医療機能の重点化を検証
<厚労省・オンライン診療指針見直し検討会>
オンライン診療の指針見直し案を大筋で了承
医師には研修の受講を必須化
<厚労省・地域医療構想WG>
代替可能性のある公立・公的病院の整理を進める協議で工夫
重点的に支援する地域を指定
<タスク・シフティングに関するヒアリング>
医師の業務移管の提案で医療団体や関係職種から意見聴取
日医は総論的な意見を表明
<高齢者医療介護委員会>
認知症と身体疾患を併せ持つ患者への対応で報告書
高齢者医療介護委員会意思確認困難な患者の対応について議論が必要
<●特別寄稿●>
医師の地域偏在・診療科偏在は、どのような過程を経て進んだか?
国際医療福祉大学赤坂心理・医療マネジメント学部長 高橋泰
<第61回全日本病院学会 in 愛知>
民間病院を取り巻く環境の厳しさを認識し、
変革期を乗り越えるための元気を届けたい
太田圭洋・学会長に聞く

病院経営定期調査への協力お願い
<関係閣僚会議>
共生と予防を「車の両輪」として打ち出す
認知症施策推進大綱を決定
<四病協・総合部会>
医療提供体制の三位一体の改革に慎重な対応求める
看護補助者の位置づけも今後検討
<厚労省・レセプト情報等検討会>
オンサイトリサーチセンターの第三者利用を了承
第5回オープンデータの内容を協議