全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2020年) > 第973回/2020年10月15日号 ヘッドライン

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第973回/2020年10月15日号 ヘッドライン

<厚労省・医師の働き方推進検討会>
医師の時間外労働規制でB水準の新たな特例を設ける
複数病院勤務で960時間を超える場合を対象に
<医療従事者委員会>
紹介会社斡旋の医師採用に1人当たり332.5万円
2大都市圏では新規雇用の3割が紹介会社経由
<厚労省>
来年度の概算要求は今年度と同水準の約33兆円を計上
新型コロナ対応緊要予算や医療などの自然増分は含めず
<厚労省・医療計画見直し等検討会>
新興・再興感染症に対応した医療提供体制の議論を開始
感染症法等での今後の対応踏まえて
<厚労省・医療情報検討会>
外国人への対応を都道府県の医療機能情報提供制度に追加
担当職員や通訳者配置、多言語システムに対応

病院数は8,300施設に減少へ
全日病ホームページ
みんなの医療ガイドへのアクセスが増加
熱中症で検索

厚労省が税制改正要望
<厚労省・感染症部会>
コロナ患者入院措置を重症者等に限定へ
都道府県知事の判断で柔軟な対応も可能に
<日病協・代表者会議>
予備費活用による新たな新型コロナ対策に一定の評価
新型コロナ患者を受け入れていない病院への支援も求める
<四病協・総合部会>
医師偏在対策で医師の絶対的不足を訴えていくべき
大学病院の所在する地域でも医師不足