医療運営コース一覧

医療運営コース一覧(2回)※必修

医療運営
コース名 講師 目標 開催日程 開催案内
医療運営
日本の医療の現状と課題
―なぜ総合医が必要か―
「これからの地域に求められる医師の在り方」
猪口 雄二(全日本病院協会 会長) 前野 哲博(筑波大学 総合診療科)松岡 輝昌(厚生労働省医政局地域医療計画課医師確保等地域医療対策室長) ・超高齢化により疾病構造が大きく変化し社会保障費の増加による財政危機が危惧される中で人口減少によって働き手の不足も予想される日本の医療の現状を理解し課題を整理する。その中で国の医療政策、改革の考え方を理解する。
・上記の理解の上で社会の求める総合医像を想起する。
2018年
7月14日(土)
13:00-19:00
募集終了
医療運営
病院医師をとりまく環境の変化
神野 正博(全日本病院協会 副会長) ・時代と環境に適応しない職業はあり得ない。医師の需給と偏在問題、地域医療構想による病院のあり方の変化、専門性(専門医制度)、そして働き方改革議論が進められる。加えて、わが国の財政問題、人々の価値観の変化など適応せねばならない問題多数である。本論ではこれらを概観しながら、考え方を整理・共有したい。 2018年
7月15日(日)
9:00-16:00
募集終了
医療運営
「医療経営のポートフォリオ」
佐野 哲(法政大学 経営学部教授) ・医療経営学の理論体系と実践手法を学ぶ。戦略構築の理論フレーム(事業ポートフォリオ管理)を取り上げ、病院経営の特殊性を踏まえながら自院の現状分析を行い、地域医療展開の構造バランスと今後の経営課題について検討する。 2018年
7月15日(日)
9:00-16:00
募集終了