診療実践コース一覧

診療実践コース一覧(22回)

診療実践
コース名 講師 目標 開催日程 開催案内
診療実践
内分泌代謝内科
雨森 正記(弓削メディカルクリニック) 三澤 美和(大阪医科大学附属病院 総合診療科) ・健診ではじめて高血糖を指摘された患者の適切な診断と合併症の評価を行い、自ら食事・運動指導ができる。
・適切な経口糖尿病薬の導入・変更ができ、インスリン自己注射の手技の指導ができる。
2018年
8月26日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
地域包括ケア実践
大橋 博樹(多摩ファミリークリニック) 大西 弘高(東京大学医学系研究科 医学教育国際研究センター) ・地域包括ケアの概要と将来の予測像を理解し、 退院後の生活を考慮したマネジメントを多職種で連携して行うこと ができる。
・事前指示とアドバンス・ケア・プランニング(ACP) の違いを理解し、患者側・ 医療側双方の価値を考慮した意思決定支援を行うことができる。
2018年
9月30日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
救急初療コース
病院版T&A(Triage and Action)
斎藤 裕之(山口大学医学部附属病院 総合診療部) 山畑 佳篤(京都府立医科大学 救急・災害医療システム学) ・病院救急部門において遭遇頻度の高い症候(頭痛、胸痛、腹痛、痙攣など)に対して見逃してはいけない疾患を想起できる。
・病院救急部門において遭遇頻度の高い症候に対して診療最初の10分間を適切にマネジメントできる。
・救急初期対応に関して知識として持ち合わせていることを、シュミレーション実習を通じてできるようになる。
2018年
10月13日(土)
13:00-19:00
募集終了
診療実践
小児科領域
高村 昭輝(金沢医科大学 医学教育学) 重症度、緊急度が高くないとトリアージされたよくある小児の症候を救急外来や
急病診療所でマネジメントできる
・ 科学的根拠に基づいた病状説明で保護者を安心させられる
・ 3日続く発熱でも安易に小児科に紹介しなくても対応できる
・ 嘔吐の時に何とか点滴しないで乗り切ることができる。
・ 痙攣が止まっている場合のこわい時とこわくない時が判断できる
・ 子どもの効果的な診察のコツとよくある疾患
2018年
11月4日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
EBM(Evidence-Based Medicine)
南郷 栄秀(東京北医療センター総合診療科) ・原著論文や診療ガイドラインを鵜呑みにせず批判的に読み,患者の診療に役立てることができる.
・エビデンスに基づいた適切な治療を考え,処方薬の整理ができる.
2018年
12月23日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
臨床推論
和足 孝之(島根大学医学部附属病院卒後臨床研修センター) ・普段我々が行なっている診断プロセスに関して省察が行える。
・臨床推論における自己の傾向性をDual Process Modelを用いて客観的に評価できる。
・自分が陥り易いピットフォールを認識する事ができる
・実際の臨床現場で意識して診断エラーを回避することができる。
2018年
12月23日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
認知症
藤谷 直明(大分大学医学部附属病院総合診療・総合内科学講座) 吉岩 あおい(大分大学医学部附属病院総合診療・総合内科学講座) ・非専門医による日常外来で認知症が疑われる患者を拾い上げ、treatable
dementiaの除外、認知症の種類、BPSDの有無を含めて適切な初期評価ができる。
・典型的な認知症に対して、標準的な薬物療法および非薬物療法を実施するとともに、本人及び家族に対して適切な療養指導ができる。
・家族や専門医、他職種と連携して、心理社会的状況や介護サービス等も考慮した包括的な認知症ケア(BPSDへの対応を含む)を提供し、運転免許の問題や終末期についてもともに取り組み、最後まで主治医でいることができる。
2019年
1月12日(土)
13:00-19:00
募集終了
診療実践
リハビリテーション
佐藤 健太(勤医協札幌病院 内科・総合診療科) ・一般内科急性期病棟において、神経変性疾患に伴う誤嚥性肺炎患者に対して、嚥下機能評価と摂食嚥下療法を他職種と共に行い、予測される心身機能に応じた退院先の選定ができる。
・地域包括ケア病棟において、心原性脳塞栓による片麻痺・失語患者に対して、循環器内科的疾患管理をしながら、他職種と共に麻痺の回復過程の評価をおこない、身体障害者診断書・意見書と介護認定の主治意見書を作成できる。
・訪問診療現場において、膝変形性関節症や大腿骨頚部骨折術後患者に対して、歩行・移動機能を評価し、適切な下肢訓練や療養環境整備の提案ができる。
2019年
2月3日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
整形外科領域
仲田 和正(西伊豆病院) ・一般救急外来の現場で、整形外科外傷に対して適切な初期対応を行うことができる。
・非専門医による日常外来において、頻度の高い膝・肩・腰の症状に対して病歴聴取・身体診察・画像評価を行い、適切なマネージメントを行うことができる。
2019年
3月17日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
マイナーエマージェンシー救急初療コース(triage&action)
松原 知康(広島大学脳神経内科) ・遭遇頻度の高い外科系救急疾患の緊急度を適切に把握し、専門科への相談の必要性やタイミングを判断できる。
・簡単な処置ののち自宅での経過観察が可能な軽症外科系救急疾患のマネージメントを地域・組織の現状に合わせて行うことができる。
2019年
4月7日(日)
9:00-16:00
募集終了
診療実践
血液領域
宮崎 仁(宮崎医院) 血液内科を専門としない臨床医が、外来や病棟で日常的に診ている血液疾患と検査値異常に対して、非専門医でもできる問診、診察、外注を含む臨床検査のみで、適切なアセスメントとマネジメントができるようになる。 2019年
5月26日(日)
9:00-16:00
申込
診療実践
膠原病領域
萩野 昇(帝京大学ちば総合医療センター) ・ よくある症状からどのような場合に膠原病を疑えばいいか理解する。
・ 膠原病に特徴的な身体所見を知る。
・ スクリーニングに必要な検査をオーダーし、適切にリウマチ専門医に紹介できる。
2019年
5月26日(日)
9:00-16:00
申込
診療実践
呼吸器領域
森川 暢(東京城東病院) ・発熱と咳嗽で来院した患者に対して、尤度比を意識しながら肺炎の診断を行い、起因菌を想定しつつ適切な抗菌薬選択を行うことが出来る。
・喘鳴で来院した患者に対して、喘息よびCOPDの診断を適切に行い、さらに急性増悪に関する初期治療を行うことが出来る。
・喘息とCOPDにおける慢性期管理の概要について説明することが出来る。特に、最新のエビデンスにも習熟しつつ、吸入デバイスの使い分けも説明することが出来る。
・遷延性咳嗽、慢性咳嗽を主訴に受診した患者に対して問診、身体診察、画像検査などから鑑別診断を挙げ、適切な診断、治療ができる。
2019年
6月16日(日)
9:00-16:00
申込