診療アウトカム評価事業

病院支援事業

診療アウトカム評価事業

事業紹介

 医療の質に対する関心の増大は世界的な趨勢であり、医療関係者は質の確保・向上の対応が社会的にも求められています。全日本病院協会では、医療の透明性、質の確保において、臨床指標を用いた評価が重要と考えております。2002年より主要24疾患に関する臨床指標と、病院全体の指標として転倒・院内感染症・抑制の3指標について、会員病院が自発的に参加してデータを収集・分析しホームページで公開するとともに、参加病院にデータを還元して継続的改善に資する旧・診療アウトカム評価事業(※注 厚生労働省補助事業「医療の質の評価・公表等推進事業」の開始に伴い、平成25年(2013年)4月より「医療の質の評価・公表等推進事業」に移行)を実施してきました。これは日本における唯一の医療の質に関わる継続的なベンチマーク事業です。
 その後、DPCの導入と普及があり、現在では、(1)DPCデータを用いた分析事業(Medi-Target)、(2)前記に付加的な臨床指標を加えた旧・診療アウトカム事業の2階層の質評価事業を行っています。
 このうち旧・診療アウトカム事業を基にして厚生労働省補助事業である「医療の質の評価・公表等推進事業」を平成22年7月より開始しました。症例数、四半期ごとのデータの安定性等から、対象疾患および臨床指標を選定しました。
 なお、厚生労働省補助事業である「医療の質の評価・公表等推進事業」の終了に伴い、本事業の名称を2020年度より「診療アウトカム評価事業」に変更いたしました。
 2019年度におけるホームページ上に公開する臨床データ及び対象疾患は以下のとおりです。
 (社会の要請に対応して年度ごとに指標を一部変更しております)

データ転載について

本事業のデータ転載を希望する場合は、以下の「転載利用申請書」に必要事項をご記入いただき予定原稿(原稿がない場合は企画書でも可)と一緒に、「全日病 お問い合わせフォーム」よりお送りください。「お問い合わせ内容」には「診療アウトカム評価事業 データ転載依頼」と記載してください。
 ●転載利用申請書

なお、「全日病 お問い合わせフォーム」ではファイルの添付ができませんので、「firestorage」等のオンラインストレージサービスをご利用ください。
また、原稿を作成するにあたり以下3点をご記載ください。
 ①出典の明示
 ②当該費用は医療費の総額で、窓口負担は保険等の適用により原則3割(負担割合は所得、年齢により異なる)となること
 ③高額療養費制度などにより、自己負担額が軽減される場合があること

臨床指標

< 患者満足度 >

患者満足度(入院、満足度)
期間中の退院患者に対して病院の満足度を4段階評価で調査を実施。
患者満足度(入院、医師について)
期間中の退院患者に対して病院の推奨度を4段階評価で調査を実施。
患者満足度(外来、満足度)
期間中の退院患者に対して病院の満足度を4段階評価で調査を実施。
患者満足度(外来、医師について)
期間中の退院患者に対して病院の推奨度を4段階評価で調査を実施。
病院推奨度
期間中の退院患者に対して病院の推奨度を4段階評価で調査を実施。

< 病院全体 >

平均在院日数
期間中に退院した患者の在院日数の平均です。本調査の対象となる24疾患について、疾患別全体、重症度別、年代別、性別の計4種類を集計しています。
死亡率
期間中に退院した患者人数に対する、期間中に死亡した患者人数の割合です。本調査の対象となる24疾患について、重症度別、年代別、性別の計3種類を集計しています。
再入院(30日)
期間中に退院した患者人数に対する、予定しない再入院であった退院患者人数の割合です。
医療費
期間中に退院した患者の本調査の対象である24疾患別の入院医療費の平均です。重症度別、年代別、性別の計3種類を集計しています。
手術ありの患者の肺血栓塞栓症(予防対策の実施率)
期間中に肺血栓塞栓症発症のリスクレベルが「中」以上の手術を施行した退院症例につき、肺血栓塞栓症の予防対策(弾性ストッキングの着用、間歇的空気圧迫装置の利用、抗凝固療法のいずれか、または2つ以上)が実施された症例の割合を集計しています。
手術ありの患者の肺血栓塞栓症(肺血栓塞栓症の発生率)
期間中に肺血栓塞栓症発症のリスクレベルが「中」以上の手術を施行した退院症例につき、肺血栓塞栓症を発症した症例の割合を集計しています。
中心静脈カテーテル挿入時の気胸発生率
期間中に中心静脈カテーテルが挿入された退院症例につき、入院後医原性気胸が発生した症例の割合を集計しています。
褥瘡の持込率
期間中の退院症例につき、入院時に褥瘡のある症例割合を、年代別に集計しています。
褥瘡の発生率
任意の一ヶ月間における退院症例につき、入院時に褥瘡がなく、退院時に褥瘡がある症例割合を集計しています。
職員の予防接種
期間中に自施設にてインフルエンザワクチン接種の提供を開始した月の職員数に対する予防接種を受けた職員数の割合です。
65歳以上の患者における認知症の保有率
期間中に退院した65歳以上の症例に対し、認知症高齢者の日常生活自立度判定基準を用いた認知症の症例割合を、入院経路別(自宅、施設、他病院など(院内転棟・院内出生除く))に集計しています。
転倒・転落(件数)
期間中の月別の入院患者延べ数に対するインシデント・アクシデント報告が提出された入院中の転倒・転落件数の割合です。
転倒・転落(3b以上)
期間中の月別の入院患者延べ数に対する、インシデント・アクシデント報告が提出された入院中の転倒・転落件数のうち、インシデント影響度分類レベルが3b以上の件数の割合です。
インシデント・アクシデント(1か月、百床あたり)
期間中の許可病床100床あたりの月別インシデント・アクシデント発生の割合です。
インシデント・アクシデント(全報告中医師の占める割合)
期間中の月別インシデント・アクシデント報告総件数に対する医師が提出したインシデント・アクシデント報告数の割合です。

< 主要な疾病 >

急性心筋梗塞における主要手術・治療実施率
期間中に医療資源を最も投入した傷病名が急性心筋梗塞で退院した症例のうち、主要な手術及び治療を受けた症例割合を、重症度別、年代別、性別、術式別に集計しています。
肺炎に対する抗生物質使用率
期間中に医療資源を最も投入した傷病名が肺炎で退院した症例のうち、入院当日に抗生物質の投与を受けた症例割合です。重症度別に集計しています。
出血性胃・十二指腸潰瘍に対する内視鏡的治療(止血術)の施行率
期間中に医療資源を最も投入した傷病名が胃潰瘍あるいは十二指腸潰瘍で、急性、出血を伴うものに該当する症例のうち、内視鏡的消化管止血術が施行された症例の割合を集計しています。
急性心筋梗塞患者におけるアスピリン早期投与
期間中に急性心筋梗塞で入院した症例に対する、入院後早期(2日以内)にアスピリンもしくはクロピドグレルが投与された症例の割合です。
急性心筋梗塞患者におけるアスピリン退院時投与
期間中に急性心筋梗塞で入院した症例に対する、退院時にアスピリンもしくはクロピドグレルが投与された症例の割合です。
Door-to-Balloon
期間中18歳以上の急性心筋梗塞でPCIを受けた症例のうち、来院後90分以内に手技を受けた症例の割合です。
早期リハビリテーション
期間中18 歳以上の脳梗塞の診断で入院した症例のうち、入院後早期(3日以内)に脳血管リハビリテーション治療を受けた症例の割合です。
胃がんの患者に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)の施行率
期間中に胃がん(ステージⅠA)で胃がん手術が施行された症例のうち、内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)が施行された症例の割合を集計しています。
胆嚢切除術患者に対する腹腔鏡下手術施行率
期間中に胆嚢疾患で胆嚢摘出術が施行された症例のうち、腹腔鏡下手術が施行された症例の割合を集計しています。
虫垂炎の患者に対する手術施行率
期間中に医療資源を最も投入した傷病名が虫垂炎に該当する症例のうち、虫垂切除術が施行された症例の割合を集計しています。
虫垂切除術患者に対する腹腔鏡下手術施行率
期間中に医療資源を最も投入した傷病名が虫垂炎で虫垂切除術を施行された症例のうち、腹腔鏡下手術が施行された奨励の割合を集計しています。
誤嚥性肺炎患者に対する喉頭ファイバースコピーあるいは嚥下造影検査の実施率
期間中の誤嚥性肺炎の症例のうち、「D299喉頭ファイバースコピー」または「E0037造影剤注入手技 嚥下造影」検査が行われた割合です。
術後24時間以内の予防的抗菌薬の停止率
期間中に股関節人工骨頭置換術・膝関節置換術・血管手術・大腸手術・子宮全摘除術が行われた症例のうち、手術翌日に予防的抗菌薬が投与されていない症例の割合です。
術後48時間以内の予防的抗菌薬の停止率
期間中に冠動脈バイパス手術・そのほかの心臓手術が行われた症例のうち、術後2日目に予防的抗菌薬が投与されていない症例の割合です。
帝王切開における全身麻酔施行率
期間中に帝王切開手術を施行された症例のうち、全身麻酔を施行された症例の割合を集計しています。
帝王切開における輸血施行率
期間中に帝王切開手術を施行された症例のうち、術日から術翌日までに輸血(赤血球または全血輸血)が施行された症例の割合を集計しています。

< チーム医療 >

服薬指導(薬剤管理指導実施率)
期間中の入院患者のうち、薬剤管理指導を受けた患者の割合です。
服薬指導(安全管理が必要な薬剤の服薬指導実施率)
期間中に安全管理が必要な医薬品のいずれかが投薬または注射されている症例のうち、「薬剤管理指導料2※」が算定された症例の割合です。
栄養指導
期間中の18歳以上の糖尿病・慢性腎臓病患者で、それらへの治療が主目的ではない入院患者の食事回数に対する、特別食加算の算定回数の割合です。

< 感染管理 >

血液培養の実施(血液培養実施率)
期間中に広域抗菌薬投与を開始した症例のうち、投与開始初日に血液培養検査を実施した症例の割合です。
血液培養の実施(2セット培養)
期間中の血液培養オーダ日数に対する、投与開始初日に血液培養検査を実施した症例の割合です。

< 地域連携 >

脳卒中地域連携パスの使用率
期間中に脳卒中で入院した症例のうち、「地域連携診療計画加算」を算定した割合です。
脳卒中地域連携パスの使用率(転院先)
期間中に脳卒中が医療資源を最も投入した傷病名である症例のうち、地域連携診療計画退院時指導料(1)が算定された症例の割合を集計しています。
大腿骨地域連携パスの使用率
期間中に大腿骨頸部骨折で入院し、大腿骨頸部の手術を受けた症例のうち、「地域連携診療計画加算」を算定した割合です。
大腿骨頸部骨折連携パスの使用率(転院先)
期間中に医療資源を最も投入した傷病名が大腿骨頸部骨折で退院した症例のうち、地域連携診療計画退院時指導料(1)が算定された症例の割合を集計しています。
急性期病棟における退院調整の実施率
期間中に退院した65歳以上の症例(退院時転帰が死亡であった症例を除く)のうち、退院調整加算(一般病棟入院基本料等)が算定された症例割合を集計しています。
介護施設・福祉施設からの入院率
期間中の退院症例のうち、介護施設・福祉施設からの入院症例割合を、年代別に集計しています。
他の病院・診療所の病棟からの転院率
期間中の退院症例のうち、他の病院・診療所の病棟からの転院症例割合を、年代別に集計しています。
介護施設・福祉施設等への退院率(年代別/退院先別)
期間中の退院症例のうち、「介護老人保健施設」、「介護老人福祉施設」、「社会福祉施設、有料老人ホーム等」への退院症例割合を、年代別に集計しています。
他の病院・診療所の病棟への転院率
期間中の退院症例のうち、他の病院・診療所の病棟への転院症例割合を、年代別に集計しています。
自宅退院患者における在宅医療を受ける率
期間中の自宅への退院症例のうち、退院後に在宅医療を受ける症例割合を、年代別に集計しています。

< 慢性期指標 >

症例数
当月退院した症例数を集計しています。
延べ在院日数 ※在棟日数
当月退院した症例全ての在院日数を集計しています。
平均在院日数 ※在棟日数
当月退院した症例の平均在院日数を集計しています。
ADLスコア改善率
入棟時と比較し退棟時にADLが改善した症例の割合を集計しています。
FIM得点改善率
入棟時と比較し退棟時にFIM得点が改善した症例の割合を集計しています。
医療区分の改善率
入棟時と比較し退棟時に医療区分が改善した症例の割合を集計しています。
疾患別リハごとのひと月あたり単位数、1症例あたり単位数
疾患別に、ひと月あたりのリハ単位数、および1症例あたりのリハ単位数を集計しています。
紹介率、在宅復帰率
紹介による入院症例割合(直接各病棟に入院した症例に限る)と、退院先が家庭への退院である症例割合を集計しています。
医療区分別の症例構成割合
療養病棟の在棟症例について、医療区分別に構成割合を集計しています。
薬剤管理指導料
療養病棟の在棟症例について、薬剤管理指導料を算定している症例割合を集計しています。
退院時薬剤情報管理指導料の算定率
療養病棟の在棟症例について、退院時薬剤情報管理指導料を算定している症例割合を集計しています。
目標設定等支援・管理料
回復期リハビリテーション病棟、および療養病棟の在棟症例について、目標設定等支援・管理料を算定している症例割合を病棟別に集計しています。
退院時リハビリテーション指導料の算定率
療養病棟の在棟症例について、退院時リハビリテーション指導料を算定している症例割合を集計しています。
退院前訪問指導料の算定率
療養病棟の在棟症例について、退院時リハビリテーション指導料を算定している症例割合を集計しています。
要介護度
要介護度を分類し、症例数を病棟別に集計しています。
要介護情報
要介護情報の6項目について、入棟時と比較し退棟時に改善した症例の割合を集計しています。

参加病院リスト

< 2022年度 参加病院 >

No. 経営主体 住所 総合計
1 北海道厚生農業協同組合連合会 札幌厚生病院 北海道札幌市中央区北3条東8丁目5 516
2 社会医療法人恵和会 西岡病院 北海道札幌市豊平区西岡4条4丁目1-52 98
3 社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院 北海道札幌市東区北33条東1丁目3-1 279
4 社会医療法人孝仁会 釧路孝仁会記念病院 北海道釧路市愛国191-212 235
5 社会医療法人恵和会 帯広中央病院 北海道帯広市西7条南8丁目1番3号 148
6 社会医療法人康陽会 中嶋病院 宮城県仙台市宮城野区大梶15-27 151
7 株式会社日立製作所 ひたちなか総合病院 茨城県ひたちなか市石川町20-1 302
8 医療法人社団光仁会 総合守谷第一病院 茨城県守谷市松前台1丁目17番地 199
9 医療法人博仁会 志村大宮病院 茨城県常陸大宮市上町313 178
10 医療法人社団協友会 彩の国東大宮メディカルセンター 埼玉県さいたま市北区土呂町1522 337
11 医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院 埼玉県白岡市小久喜938-12 256
12 医療法人社団創造会 平和台病院 千葉県我孫子市布佐834-28 184
13 社会福祉法人同愛記念病院財団 同愛記念病院 東京都墨田区横綱2-1-11 403
14 医療法人社団東山会 調布東山病院 東京都調布市小島町2-32-17 83
15 公益財団法人東京都医療保健協会 練馬総合病院 東京都練馬区旭丘1-24-1 224
16 医療法人社団直和会 平成立石病院 東京都葛飾区立石5-1-9 203
17 医療法人財団利定会 大久野病院 東京都西多摩郡日の出町大久野6416 100
18 社会医療法人社団正志会 南町田病院 東京都町田市鶴間4-4-1 222
19 社会医療法人社団三思会 東名厚木病院 神奈川県厚木市船子232 282
20 医療法人社団協友会 金沢文庫病院 神奈川県横浜市金沢区釜利谷東2-6-22 147
21 国家公務員共済組合連合会 横浜南共済病院 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-21-1 565
22 医療法人横浜未来ヘルスケアシステム 戸塚共立第2病院 神奈川県横浜市戸塚区吉田町579-1 101
23 公益財団法人横浜勤労者福祉協会 汐田総合病院 神奈川県横浜市鶴見区矢向1-6-20 266
24 社会医療法人ジャパンメディカルアライアンス 海老名総合病院 神奈川県海老名市河原口1320 479
25 大和市立病院 神奈川県大和市深見西8-3-6 403
26 医療法人社団協友会 笛吹中央病院 山梨県笛吹市石和町四日市場47-1 150
27 社会医療法人名古屋記念財団 名古屋記念病院 愛知県名古屋市天白区平張4-305 416
28 医療法人済衆館 済衆館病院 愛知県北名古屋市鹿田西村前111 337
29 医療法人社団洛和会 洛和会音羽病院 京都府京都市山科区音羽珍事町2 548
30 医療法人社団まほし会 真星病院 兵庫県神戸市北区山田町上谷上字古古谷12-3 156
31 社会医療法人甲友会 西宮協立脳神経外科病院 兵庫県西宮市今津山中町11-1 167
32 医療法人社団英明会 大西脳神経外科病院 兵庫県明石市大久保町江井島1661-1 153
33 医療法人社団同仁会 金光病院 岡山県浅口市金光町占見新田740 147
34 社会医療法人 光生病院 岡山県岡山市北区厚生町3-8-35 198
35 医療法人社団水光会 宗像水光会総合病院 福岡県福津市日蒔野5丁目7番地の1 300
36 特定医療法人福西会 福西会病院 福岡県福岡市早良区野芥1-2-36 198
37 医療法人祐愛会 織田病院 佐賀県鹿島市大字高津原4306 111
38 医療法人 光晴会病院 長崎県長崎市葉山1丁目3-12 179
39 社会医療法人春回会 井上病院 長崎県長崎市宝町6-12 112
40 独立行政法人地域医療機能推進機構 人吉医療センター 熊本県人吉市老神町35 252
41 医療法人 大分記念病院 大分県大分市羽屋四丁目2番8号 118
42 医療法人誠和会 和田病院 宮崎県日向市向江町1-196-1 163
43 公益社団法人昭和会 いまきいれ総合病院 鹿児島県鹿児島市高麗町43-25 350
44 社会医療法人仁愛会 浦添総合病院 沖縄県浦添市伊祖4-16-1 334