全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2018年) > 第923回/2018年8月15日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第923回/2018年8月15日号 HTML版

<中医協・消費税負担分科会>
控除対象外消費税の大幅な補てん不足が明らかに
病院の補てん率は2016年度で85%
<四病協・総合部会>
4年間の補てん不足は病院全体で1千億円程度
「抜本的な対策が必要」(猪口会長)
<厚労省・医療保険部会>
高齢者の保健事業と介護予防を一体的に実施
新たに有識者会議を設置
<厚労省・臨床研修部会>
地域枠違反の医師採用の臨床研修病院にペナルティ
『被害者』の臨床研修病院への配慮も
<厚労省・救急災害医療体制検討会>
災害医療コーディネータの位置づけを議論
秋頃をめどに活動要領
<診療報酬改定シリーズ 2018年度改定への対応⑥>
外来機能(入退院支援)、在宅医療・訪問看護(看取りを含む)、
人生の最終段階における医療・ケアの決定プロセスに関するGL
医療保険・診療報酬委員会 委員 杉村洋祐
<厚労省人事>
保険局長に樽見氏、医政局長に吉田氏、老健局長に大島氏
鈴木医務技監は留任
<日病協・代表者会議>
控除対象外消費税の補てん不足に「強い憤り」
不足分の返還には踏み込まず
<厚労省・医療部会>
電子カルテの仕様の標準化で医療部会が一致
厚労省に検討を要請
<日本専門医機構>
来年度の募集で東京の専攻医を5%減らす
「医師が行き届くよう配慮」寺本理事長