全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2020年) > 第959回/2020年3月15日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第959回/2020年3月15日号 HTML版

<新型コロナウイルス>
病院の診療機能維持を求めて全日病が加藤厚労相に要望書
病院の体制整備に財政援助求める
<厚労省通知>
新型コロナウイルスのPCR検査を保険適用
公費により患者の自己負担はなし
<厚労省・救急災害医療検討会>
救急救命士の救急外来での活用を提案
33項目の救急救命処置は現行どおり
<厚労省・外国人旅行者等への医療提供検討会>
外国人患者受入れの実態調査示す
未収金経験した病院は12.4%
<厚労省・循環器病対策推進協議会>
循環器病の基本計画策定で四病協などからヒアリング
美原副会長が全日病会員の取組みを説明
<厚労省・医療計画の見直し検討会>
受診時定額負担の対象設定を視野に外来機能の分化・連携を議論
4月に中間とりまとめの予定
<厚労省・介護保険部会>
第8期介護保険事業計画の基本指針案を議論
2040年を見据え基盤整備進める

電子カルテ・オーダリングシステムの導入が6割超える
7割の施設が年1回以上全職員対象の研修を実施

安藤副会長が新型コロナウイルス対策で質問
民間病院の感染症対策の費用に支援を求める
<日本専門医機構>
来年度の専門研修の専攻医数は現時点で9,102人
臨床研修後の医師の9割超が取得を目指す水準
<日病協・代表者会議>
経営的な支援を政府に求める
新型コロナウイルスへの対応