全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2019年) > 第936回/2019年3月15日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第936回/2019年3月15日号 HTML版

<厚労省・医師需給分科会>
2036年の医師偏在解消目指した具体策まとまる
医師少数区域などを設定し医師を確保
<厚労省・地域医療構想WG>
公民の病院の競合状況で再編統合などを検討
公立・公的病院は機能を重点化

安藤副会長が衆院・予算委員会分科会で質問
医師の働き方改革で財政支援を要請、消費税課税化の議論を提起
<医道審・医師専門研修部会>
サブスペ認定で消化器内視鏡と老年病に厳しい意見
年度内に改めて議論

病院の多職種リーダー研修会を開催
「専門職から組織人へ」をテーマに研修、病院全体から考える

2020年度からの研修見直しに対応した臨床研修指導医講習会の開催
2018年度臨床研修指導医講習会 チーフタスクフォース 江村 正
<報告2018年度 個人情報保護に関するアンケート調査報告>
8割の施設で個人情報保護に関する研修を実施
相談窓口担当者の研修会参加が増える
個人情報保護担当委員会 委員 森山 洋

ベトナムの人材送出機関と新たな業務協定を締結
山本常任理事が訪問し、介護技能実習候補生を激励
<厚労省・全国在宅医療会議>
在宅医療の充実に向け関係団体は都道府県に協力を
「できる地域から進める」西澤名誉会長
<四病協・総合部会>
構想区域は問題との指摘相次ぐ
<厚労省・レセプト有識者会議>
第三者提供のガイドラインを改訂
<中医協・総会>
福島除き2020年度に特例措置終了
東日本大震災