全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2018年) > 第927回/2018年10月15日号 > 「成熟社会における医・食・住」をテーマに全日病学会開く...
全日病ニュース

「成熟社会における医・食・住」をテーマに全日病学会開く

「成熟社会における医・食・住」をテーマに全日病学会開く

【第60回 全日本病院学会 in 東京】参加者3,200名を超える

 「第60回 全日本病院学会 in 東京」が10月6・7日、東京都支部の担当で「成熟社会における医・食・住」をテーマに東京・台場で開催された。参加者は3,200名を超え、障がい者スポーツと医療との係わりを考える企画をはじめ、AI、IoTの第一人者による特別講演、さらに地域医療構想や医師の働き方改革に関するシンポジウムなど多彩なセッションが行われ、日常の診療活動から視野を広げ、成熟社会における医療や病院のあり方を考える機会となった。

 成熟社会とは、量的拡大を追求する経済成長が収束し、精神的豊かさや生活の質の向上を重視する平和で自由な社会を意味する。
 2年後の2020年には、東京でオリンピック・パラリンピックが開催される。学会ではパラリンピックを支援する思いから、特別講演「障がい者スポーツと医療との係わり」を企画。パラリンピアンの三阪洋行氏(元ウィルチェアーラグビー日本代表)が講演した。三阪氏は高校時代の事故により頸椎を損傷し車椅子の生活となったが、ウィルチェアーラグビーと出会ってチャレンジする喜びを知ったと話し、「障がいがあっても支援を得ることで同じ場所で暮らしていくことができる」と述べた。
 成熟社会は、多様性を認め、誰もが暮らしやすい社会である。急速に進歩するAIやIoTのテクノロジーがそれを後押ししている。2日目午前の特別講演では、筑波大学の山海嘉之教授(CYBERDYNE 株式会社代表取締役社長)が、世界初のロボット治療器機HALを紹介。障害によって失われた機能を蘇らせる研究成果は参加者を驚かせた。
 成熟社会では、高度経済成長時代にデザインされた政策を若い世代の視点から変えていく必要がある。1日目の市民公開講座では、AIや食の分野で活躍する若手起業家が講演したほか、2日目の特別鼎談では、小泉進次郎衆議院議員が「人生100年時代」を展望し、人口減少を強みに変える新たな社会モデルを提案した。そのほか、全国各地で街づくりに取り組む新進気鋭の建築家による講演など、学会テーマに沿って多彩な企画が行われた。
 開会式で挨拶した猪口雄二学会長(全日病会長)は、「どのセッションに参加しても満足いただけるプログラムを用意した」と述べ、積極的な討論を呼びかけた。
 来賓として挨拶した厚生労働省の鈴木俊彦事務次官は、2025年の先を見据えた新たなビジョンづくりに取り組んでいることを紹介。支え手である生産年齢人口の急減という困難な課題を克服するため、健康寿命の延伸や医療・介護サービスの生産性向上に取り組んでいくと説明した。
 日本医師会の横倉義武会長の代理として中川俊男副会長が挨拶し、「診療所とともに医療の根幹をなす病院が果たす役割は重要だ」と述べ、学会の成果に期待した。東京都医師会の尾﨑治夫会長は「在宅医療を進めるには、後方から支援する病院が必要であり、全日病の協力が不可欠」と述べた。
 四病院団体協議会を代表して挨拶した日本病院会の相澤孝夫会長は、「医療だけでなく介護、福祉、住まいを含めて支えていく必要があり、地域とともに生きる病院が強く求められている」と祝辞を述べた。
 開会式に続いて、厚労省の吉田学医政局長と猪口学会長による特別講演が行われ、その後、各会場に分かれてシンポジウムやパネルディスカッション、演題発表が行われた。(全日病ニュースでは、11月1日号、15日号、12月1日号で東京学会の模様を紹介します)

 

全日病ニュース2018年10月15日号 HTML版

 

 

全日病サイト内の関連情報
  • [1] 第60回全日病学会 in 東京

    https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20180901/images/gakkai_60_program.pdf

    2018年10月6日 ... より良い医療に向けて. 吉田学厚生労働省医政局長. 特別講演210:00~10:30. 成熟
    社会の医・食・住. 猪口雄二学会長. 特別講演3. 10:30~11:50. 障がい者スポーツと
    医療との係わり. 三阪洋行ウィルチェアーラグビー. 元日本代表選手.

  • [2] 第60回全日本病院学会 in 東京> 東京学会のプログラムが確定 10月6 ...

    https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20180901/news11.html

    2018年9月1日 ... 第60回全日本病院学会 in 東京(猪口雄二学会長)が10月6・7日に「成熟社会における
    医・食・住」をテーマに東京・台場で ... 続く特別講演では、ウィルチェアーラグビー元日本
    代表選手の三阪洋行氏による講演「障がい者スポーツと医療との ...

  • [3] 第928回/2018年11月1日号 ヘッドライン:全日病ニュース:全日病の ...

    https://www.ajha.or.jp/news/summary/20181101.html

    2018年11月1日 ... 成熟社会における医・食・住」をテーマに東京学会を開催: 承子女王殿下がご臨席. <
    特別講演 1> 機能分化 ... 作業療法士の一言で人生が前向きに変わった: ウィル
    チェアーラグビー日本代表アシスタントコーチ 三阪洋行. <市民公開講座2>

本コンテンツに関連するキーワードはこちら。
以下のキーワードをクリックすることで、全日病サイト内から関連する記事を検索することができます。