全日病ニュース

ホーム > 全日病ニュース(2018年) > 第926回/2018年10月1日号 HTML版

『全日病ニュース』は全日本病院協会が毎月1日と15日に発行する機関紙です。
※注 一般ページでは1ヶ月前の紙面までご覧頂けます。最新号から1ヵ月前の号につきましてはヘッドラインのみご覧頂けます。
※注 会員専用ページは最新号およびバックナンバーがご覧頂けます。 会員ページ

第926回/2018年10月1日号 HTML版

<日病協>
医療機関の消費税問題で厚労省に要望書を提出
税制上の仕組みと補てん不足の救済措置求める
<中央医療対策協議会が初会合>
都道府県の医療政策人材の育成を目指す
<厚労省・在宅医療介護連携WG>
都道府県の在宅医療の目標設定に向け議論の整理案
KDBなど市町村単位の情報把握が課題
<中医協・消費税負担分科会>
控除対象外消費税の補てん不足を要因分析
相対的に病院の消費税負担が大きく
<診療報酬改定シリーズ 2018年度改定への対応⑨>
ICTの活用(生産性向上、効率化、オンライン診療等)、医療従事者の負担軽減(働き方改革)
医療保険・診療報酬委員会 委員 福井 聡
<厚労省・医療介護データ等有識者会議>
NDBと介護DB連結データ活用の検討の進め方を了承
第三者提供の費用負担など議論
<厚労省・医療情報あり方検討会>
医療機能情報制度にかかりつけ医機能の報告を追加
医療広告ガイドラインQ&Aに1項目追加
<厚労省・介護給付費分科会>
消費税率引上げに伴う介護人材の処遇改善で議論
介護福祉士以外にも柔軟な運用認める方向
<資料>
控除対象外消費税問題解消のための新たな税制上の仕組みについての提言─消費税率10%への引上げに向けて
※8月29日 三師会・四病院団体協議会
<シリーズ●ICT 利活用の取組み――その②>
患者と診療情報を共有し信頼される病院に
社会医療法人宏潤会 大同病院
<厚労省・医師の働き方改革検討会>
医師の宿日直は実態に合わせて基準を見直す
自己研鑽は労働とそれ以外を切り分け

診療報酬の補てん不足に厳しい意見相次ぐ
理事会で消費税問題を討議
<厚労省・がん対策推進協議会>
第3期計画の中間評価でがん予防の指標案示す
受動喫煙防止や生活習慣改善を目指す
<厚労省・医療介護総合確保促進会議>
基金の今年度都道府県別内示額などを報告
新たに事業を評価する指標を導入